がん保険の給付金について

がん保険に加入しておくと、加入者ががんであると診断された時に、診断給付金を受け取ることができます。この診断給付金は、がんと診断されれば入院や手術をしなくても支払われるのが特徴です。抗がん剤治療を日帰りで受けるだけであっても、給付金の支払い対象となります。

がんは再発したり、転移したりする病気です。このため、がん保険の中には複数回、診断給付金が支払われる商品もあります。
がんで入院した場合には、入院給付金が支払われることになります。医療保険では、1回の入院につき給付金が支払われる日数や、トータルの日数に支払い制限がありますが、がん保険の入院給付金には制限がありません。

がんの手術を受けた場合には、手術給付金が支払われます。商品によって保障額は異なり、一律であったり手術の種類ごとに設定されていたりします。
万が一がんが原因で死亡した場合には、死亡給付金が受け取れます。入院給付金日額のおよそ100倍を目安とした商品が一般的です。

がんは、日本人がかかる病気として大きな割合を占めています。貯蓄が充分にあるからといって、実際がんと診断されれば様々な費用がかかり、経済的負担は小さくありません。がん保険という貯金を別途蓄えておけば、まさかの時でも安心と余裕を持つことができるでしょう。

PAGETOP